千葉県出身の中日ドラゴンズファン

中日、日本ハム、人的補償問題は?高橋周平、セカンドの守備はいかほどか?鈴木博志のストレートはプロで通用するのか?松坂大輔、入団によるチームへの影響は。ディロン・ジー投手のチェンジアップと制球力に期待。

戦力

2018年注目、セカンド、高橋周平。守備の手ごたえは?

投稿日:2017年11月19日 更新日:

セカンド、周平、まずは、「基本動作」と「確実性」

高橋周平のセカンドコンバートが

注目を浴びている。

 

これが成功すれば、

打撃陣に厚みが増すことが

予想される。

※周平が覚醒すればの話

スポンサードリンク

渡邉博幸コーチ曰く、

高橋のセカンドの守備について、

「始めのうちは、動きが鈍かったが、

飲み込みが早く、徐々にセカンド

らしい動きになってきた。」

とのこと。

 

当面は、守備の速さよりも

「基本的な動作」

「守備の確実性」

を重視して鍛え上げているという。

スポンサーリンク

336ad




サードとセカンドの守備の違いは?

高橋周平が以前守っていたサードと

コンバートされたセカンドの守備には、

かなり違いがある。

 

サードは、打球に反応して守るポジション。

 

セカンドは、読みで守るポジション。

 

という言われている。

 

セカンドの守備における読みとは?

バッテリーの配球、

キャッチャーの構え、

相手打者の調子、苦手コースの把握

 

これらの要素をしっかり叩きこんだ

上で、セカンドの守備の1歩目が踏み出せる。

 

サードの守備をやっていた頃のように、

打球が来てから反応していては、遅すぎる。

実戦で慣れていくが非常に重要。

 

高橋周平のセカンドへのこだわりや手ごたえは?

自身がセカンドで試合に出るという

イメージが持てない。

だから、まだ自分でもそれくらいの

手応えって事です。

やりたい、やりたくないってのも違う。

やるだけです。そこに可能性があるなら

やるしかない。そう考えています。

 

細かい動きが多く、

逆の動き、

ショートスローが多い。

ベースカバーや状況判断、

読みも含めて覚える事は、

まだまだ山のようにあります。

チームが無理と判断しない限り、

僕からのギブアップはないですよ。

と高橋自身は話している。

 

チームとしては、

年明け以降もセカンドで使う方向性を示している。

 

渡邉コーチは、

「セカンドスタメンで使いたいと

思わせてくれるかどうかは、

このオフにかかっている。」

と語る。

 

高橋周平がセカンドを勝ち取れるか

どうかは、年明けオフの練習にかかっている。

 

セカンドの経験値、足の速さでは、

荒木、亀澤

にかなり遅れをとるかたち

にはなるが、なんとか、

猛練習で克服していくしかない!!

【関連】

 高橋周平、セカンドの適正は!?中日 注目の選手に密着、フェニックス・リーグにて

336ad




336ad




-戦力
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラフト1位、鈴木博志投手のストレートはプロで通用するのか?

 中日、ドラフト1位、鈴木博志投手のストレート ドラフト1位、鈴木博志投手の持ち味は、 なんといっても豪速球。 常時150キロを超えてくるが、 都市対抗、台湾戦、などの 動画で投球を見ていると、 気に …

松坂大輔入団確定?果たして、メリットはあるのか。

松坂大輔、調査、獲得の話題でもちきりのドラゴンズ ドラゴンズファンのみならず、 全国の野球ファンの注目の的 となっている、松坂投手の 去就問題。   当然、戦力としては疑問符が つくところだ …

中日ドラゴンズ、アラフォー選手の動向、森野将彦、バルデス、岩瀬仁紀、荒木雅博、山井大介

森野将彦が引退、岩瀬仁紀、荒木雅博、山井大介は現役続行 かつてミスタースリーランと言われた森野将彦が引退 元ミスタースリーランの森野将彦が引退を表明した。     森野選手と聞いて …

新外国人投手、ディロン・ジー投手の契約内容は?

ディロン・ジー投手、約1億8800万円+出来高 中日の入団が確定した ディロン・ジー投手 今シーズンの年俸は、 170万ドル(およそ1億8800万円) さらに、プラス出来高 となることをアメリカメディ …

イチロー、中日入団へさらに前進?ロッキーズとも交渉に至らず。マーリンズに帰還も。

イチロー、ロッキーズとの交渉も消滅?中日入団へ前進? 先日、 サンフランシスコ・ジャイアンツ との交渉が白紙となってしまった イチローだが、ここへきて次は コロラド・ロッキーズとの交渉を 進めている( …

ブログ村 PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ